絵を聴く保育講座

MOMO CO-CREATION

土居桃子(どいももこ)

絵を聴く保育アドバイザー
0〜6歳までの子どもたちを『自分はできる』の自尊心を!
絵は子どもからのメッセージ!
心をつなぐ優れたコミュニケーション手段!
心はずむ遊びと生活と、お話いっぱいのお絵描きで
豊かな個性と、非認知能力、自己肯定感が育ちます。

東京都庁様のホームページ内「パパズスタイル」に紹介していただきました。
https://www.seikatubunka.metro.tokyo.lg.jp/danjo/wlb_top/0000001091files/22.html
保育園・幼稚園・子ども園・小中学校・子育て支援施設・自治体及び企業様の
研修・講座・相談・執筆依頼、お問合せください。
zoom などでの講座も対応します。

動画講座が
完成しました!

Divider

『子どもの絵を聴くって気になるけど、どういうこと?』

大人の常識では絵は見るものですが、子どもにとって絵は優れた表現手段でありコミュケーション手段(ことば)メッセージなのです。絵を日常化し聴くことで子どもの豊かな個性と自己肯定感が育ちます。

My CLASSES

講演・講座のご紹介

基礎講座

(初めての方におすすめ)

Icon 02

実践講座

(園内研修におすすめ)

Icon 04

子育て講座

(育児中の方におすすめ)

Icon 03

オンライン相談

(子育て中の方におすすめ)

伝えるよろこびは
育てるもの!!

〜 2歳児のつぶやきが教えてくれたこと 〜

「せんせい、何かいたのかきいてよ!」と言われたとき、子どもたちはお話を聴いて欲しいんだ!と確信しました。その日から「お絵描きの時間」が、さらに楽しいものになりました。

子どもの心理状態と発達など、すべて絵に現れます。

大人は思いを受け止め、言葉をかけてあげましょう。思いっきり褒めてあげることも重要です!

Dialogical drawing to change the world!

みんなおえかきが大好きになる

すべての子どもたちに夢や希望を持って
生き生きと育ってほしい!!

自己肯定感を高めるために
大人はなにができるでしょうか?

「自分は何でも出来る」
「ありのままで 愛されている」

そんな子どもたちでいっぱいにするためには、
豊かな生活と仲間との”心はずむ体験”を、
表現につなげることが大切です。

みんな”お絵描き”が大好きにしよう!!

Contact ME

連絡先

住所

電話 & Email

受付時間

オンライン相談

Voices

受講された方の声

絵を描きたくなる生活が大事だとわかりました。

いろいろな保育のヒントをもらえました。

お絵かきの回数を増やしたいと思いました。

共感し合える保育をしていきたいと思いました。

わかりやすく、具体的で実践に活かせそうです。

描画の発達がわかり、職員同士協力して話をしながら、保育を楽しみたいと思いました。

絵を見ただけで、子どもの様子がわかることに驚きました。

子ども達の心の動きや成長発達が、細かく目に見えるように絵には現れるのだなと実感しました。子どもの心に共感し、気持ちを受け止めていくことが大切だと思いました。

一対一で描くことの重要性がわかりました。

一色のマーカーで描く時の声がけと話の聴き方が、神業でした。子どもたちの絵がどんどん変わって驚きました。

子どもと一緒にお絵かきを楽しみたくなりました。

絵にたくさんの思いがあることがわかりました。

自分の幼い頃を思い出し涙があふれました。優秀な兄と比較せずに愛してくれた両親の恩を孫に返したいです。

褒めかたがわからず思っていても言えませんでしたが、言葉にして、すぐ褒めたいと思いました。

Scroll to Top