よくあるご質問

Q&A

1歳前後にはじめてのお絵描きの瞬間はやってきます。個人差はありますが、

✅ 指差しがはじまっている
✅ つかまり立ちや独り立ちができる
✅ 手づかみで食事する。
✅ 好き嫌いがで始める←いやいやを示す

このような発達と結びついています。ペンという道具が、描くものだと発見して『描いたよ!』と伝える力(三項関係)とも、大きく関係しています。
たくさんの色を与えると、色遊びが始まり、次々とペンをかえて描き始めます。発達や思いをあらわすのには、一色でじっくりと描くことが大切です。描く行為や、描きたいこと、集中することができます。
一枚の絵が終わったタイミングで、紙を替えると同時に、次のペンを選ばせてあげましょう。
色遊びをする時間を作ってあげることも必要です。絵を聴く日常的なお絵描きと、クレヨンや絵の具で製作したり、画材を変えて楽しむことは、車の両輪のような活動です。どちらも保障できるといいですね。
0〜2歳頃は、立って描くといいです。なぜなら、お絵描きは全身運動だからです。
座る場合では、イスに座って足の裏がしっかり地面についていること、机より肘の位置が上にあることで、腕が大きく動いて描きやすくなります。
子どもさんの隣の位置で、普段お話をするように話しかけるといいです。どんどん描いている時は、見守るだけでも大丈夫です。
お話のできない一歳くらいの子どもさんにも、喃語に応えるように優しく言葉をかけてあげてください。
アイコンタクトをとってきたときは、笑顔で『すごいな』『いっぱいかけたね』『もっと描こうか?』など会話が広がる言葉がけをして、お絵描きって楽しいなと思えるようにすることが大切です。
Scroll to Top